VISTAの日利2.5%は可能か?

Japanese all-rounder

VISTAの日利2.5%は可能か?

ビスサポ

ビスサポ
100人いたら80人ぐらいの人は決まった答えを言います。
日利2.5%を払うのは無理だ・・・・と。
では何故、残りの20人は可能だと思うのでしょうか?
その20人の中の1人で、私も可能だと思いました。
そして、私と同じように「VISTAの日利2.5%を継続できる」と思った人と話した結果共通した答えがいくつか出たのでそれをまとめていきたいと思います。
独り言ではちょっとつまらないので、今日はネガティブ思考な「伊藤さん」にレクチャーしたいと思います。
伊藤さん日利2.5%は可能だと思いますか?
伊藤

伊藤
ビスサポさん、正直に言います。
日利2.5%なんてありえないです。
100万円入れたら毎日2.5%といったら、25,000円ですよ。
それを自分の口座に毎日送るというのは絶対にありえないです!
そもそも、誰がこんなありえないものに投資したりしますか?
どうせ、よくあるようにすぐに消えてなくなりますよ・・・

ビスサポ

ビスサポ
伊藤さんが思ったことは最初に伝えた80人の人たちの答えです。
確かに常識的に日利2.5%といったら、大手銀行の何年分の利息かわかりませんよね。それを1日でGETしてしまうならすごいことです。
普通の人は絶対にこのような話には聞く耳持ちませんし、「詐欺」や「騙し」と思って相手にもしません。
しかし、伊藤さんが言うように、一昔なら日利2.5%はありえないことでした。
現在は時代の進化と共に、ITが発達してお金の価値が変わろうとしています。
AIロボットもどんどん進化して、今まで人間がやっていた作業をAIロボットが全部奪っていこうとしています。
ある意味人間が自分の首を自分で絞めに行っているような感じです。
環境を良くして住みやすい地球を作ろうとして、フィンテック時代になりつつあります。フィンテックとは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語です。
日本語だと金融ITとか、金融テクノロジーとか言いますよね。
IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」。
金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する
「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。
最近では「ホリエモン」がこれからは上場企業を目指す時代ではない、個人が簡単に億を稼ぐ時代、アイデアがあれば資金を簡単に集めることができる時代と言っていましたが、それが可能なように金融IT分野のベンチャー企業(新興企業)をフィンテックやフィンテック企業と呼ばれる企業がどんどん増えています。
その企業は「仮想通貨」を扱って短期間に利益を出しています。
このようにフィンテックは金融テクノロジーそのものを指す場合もあれば、その分野の企業のことを指す場合もあるのですね。
数年前からフィンテックという言葉を耳にした方も多いと思います。

フィンテックとして一番有名なのがモバイル決済です。
iPhoneやAndroid携帯などに小さな器具を取り付けるだけでクレジットカード決済が出来る、Squareや楽天スマートペイなどが有名ですね。
電子マネーで、お財布いらずです。
従来はクレジットカード決済端末という大きな機械を購入し、それを電話回線などにつなぐことでクレジットカード決済は行われていましたが、フィンテックを活用したモバイル決済では携帯電波で決済が出来るので、最小限の器具のみでクレジットカード決済が出来るようになりました。
これも今回の仕組にも影響するので伝えますが、

  • 従来:専用のカード決済機を店舗に設置&決済
  • 今後:iPhoneなどのスマホに器具を取り付けて決済

まさにモバイル決済は金融とITが融合したフィンテックの考え方そのものだと言えますが、それだけではなくスマホ一つでほとんど解決してしまうぐらい進化しています。
そこで、2016年頃から仮想通貨が注目され、2017年ビットコインで話題になります。
こちらの画像を見てください。

.

ビスサポ

ビスサポ
2017年12月14日時点で1ビットコイン190万円ですが、2017年1月初めは10万円を切っていました。
今年だけでもビットコイン長者がたくさん出ました。
さらに1ビットコインはどれぐらいの値がついたのかと言いますと、こちらです。

.

ビスサポ

ビスサポ
12月8日に1ビットコイン228万円の値がついたのですね。
2017年初めに1ビットコインを10万円で購入した人は1年もしないうちに最高22倍になったということです。
もちろん、ビットコインだけではなくイーサリアムやライトコインやその他コインもどんどん値が上がっています。
1円もしなかったのが数万円になっているのがたくさんあります。
運用しなくても、1ビット買って持っておくだけで、228万円です。
それでは、10ビットコインを100万円ぐらいで買って持っていたら2280万円です。
こう考えたらVISTAの日利2.5%はかわいく感じませんか?

伊藤

伊藤
へぇー、ビットコインってこんなに値がついていたのですね。
確かに僕の友達も確か7万円でビットコインを買ったといっていました。
フィンテック時代だから日利2.5%も可能になるのですかね。
仮想通貨なんてどうせ、一部だけだろうと思っていましたが確かにどんどん大手企業も導入しているように感じます。
だからと言って、毎日2.5%を出し続けることは不可能ではないですか?
ビスサポ

ビスサポ
確かに日利2.5%を出し続けることは無理ですよ。
VISTAの場合はルールがあります。
そのルールを理解して納得した人が「自己責任」でやるのですが、それは80日ルールというものがあります。
すでに持っているビットコインやイーサリアムをVISTAのシステムを使って増やす場合は完全無料で増やすことができます。
日本円は1円も必要ありません。
その増やす量ですが、ビットコインやイーサリアム共に0.05~8までの量のパッケージをビットコインやイーサリアムで購入して、そのパッケージ分の2.5%を80回受け取るというのがVISTAの日利2.5%ルールなんですね。
こちらの画像を見てください。



ビスサポ

ビスサポ
このようにビットコインやイーサリアムのそれぞれの0.05~8ビットコイン、イーサリアムを最初にパッケージ購入してそれから72時間後に直接自分のウォレットに2.5%が入ってくるというシステムを提供しているのがVISTAです。
それで早速10月10日に1ビットコインと8イーサリアムを入れました。
ビスサポ

ビスサポ
認証されたのが10月24日ですが、それから1ビットコインの2.5%が25日から入ってきました。
なぜ、こんなに遅いかというとまだプレオープンもしていない、日本にもまだ導入されていないから、システムやプログラムが不安定な状態だからです。
もちろんそれも踏まえて「自己責任」でやっていますが、やっと10月25日から毎日こんな形で自分のブロックチェーンに入ってきます。
ビスサポ

ビスサポ
このように2.5%から7%の手数料が引かれて実質0.023125ビットコインが自分のブロックチェーンにダイレクトに送金されてきます。
今のところVISTAがオープンするまでは土曜日、日曜日お休みの、週5日だけ送金される形ですが、毎日入ってきて、それを周りの人に見せるだけで「やりたい!」という人がいたのでやり方を教えて「自己責任」でやってもらいました。



ビスサポ

ビスサポ
見てお分かりのようにそれぞれ0.05から8パッケージの2.5%送金から7%引かれたものが送金されてきます。
それぞれのパッケージごとに毎日もらえるものを実際に出してみました。

0.05 BTC
0.0011563

0.1 BTC
0.0023125

0.3 BTC
0.0069375

0.5 BTC
0.0115625

1.0 BTC
0.023125

2.0 BTC
0.04625

4.0 BTC
0.0925

8.0 BTC
0.185
ビットコインもイーサリアムも基本同じですが、イーサリアムは5日分を週1回月曜日にまとめて支払いされる形です。
こちらが8イーサリアムを入れて5日分をまとめてもらったものになります。
8イーサリアムの2.5%は0.185ですからそれの5日分は0.925イーサリアムになります。

ビスサポ

ビスサポ
画像の実績のように、それぞれがパッケージ購入して、日利2.5%を80回受け取って終了ということなんですね。
それで倍近くになってやめるもよし、ポジションを維持するには再度80回受け取ってからエントリーする場合再度パッケージ購入する必要があるんですね。
なぜなら、後々得られる「バイナリーボーナス」がそのポジションから得られるからです。(このバイナリーボーナスについては別途お伝えします)
伊藤さんこのように日利2.5%得られることは大体わかりましたか?
もちろん、これは実際に入れて少しの期間だけの実績だけですが、ちゃんと裏付けもとれています。
伊藤

伊藤
なるほど!ビットコインやイーサリアムのパッケージ購入という形で、持っているものを一度VISTAに渡してそれから2.5%を80回受け取るのですね。
そして80回受け取って再度やるか、やらないかを決めることができるのですね。
ビットコインや仮想通貨の値上がりがスゴイ中、これなら実現できそうな気がします。
ビスサポ

ビスサポ
もっと確信的なことについて右にある「カテゴリ」の「80日で2倍は可能か?」というものがあるので、そこを見てください。
1ビットコイン200万円だとして、さらに11月に3ビットコイン(約600万円)を追加した内容もレクチャーしています。
そしてその結果どうなったのか、全部事実を伝えていきますので興味ある場合は続きを見てくださいね。
伊藤

伊藤
はい、「カテゴリ」の「80日で2倍は可能か?」を見てみますね。
80日、つまり80回で倍という意味ですね。
興味あるので今すぐ見てみます。
Japanese all-rounder
30 Second Binary options
29,800円教材プレゼントはこちら

29,800円で販売している教材を無料プレゼントします。

会員サイトに無料登録して教材をお受け取りください。
100ページにも及ぶノウハウが学べます。
それ以外にもどんどん追加していきます。
「無料登録」から始めましょう。

こちらから受け取る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。

Japanese all-rounder